ヒーリングセミナー 体験講座・ミニセミナー カードリーディング講座
幸せな人間関係のための心理学|ビジョン心理学ジャパン > お悩み相談室 > Q.いつも何かが足りない思いがあり、家族に八つ当たりをしてしまいます。(50代男性)

Q.いつも何かが足りない思いがあり、家族に八つ当たりをしてしまいます。(50代男性)

Answer:栗原英彰(ビジョン心理学トレーナー)

 

誰かとの比較ではなく、

あなたがどういう体験をしているのかということが、

とても大事です。

 

1,000万円もらっても満足しない人もいるし、

とても喜ぶ人もいます。

なぜ自分に最高の体験を与えないのでしょうか?

自分に聞いてみてください。

 

我慢して押さえ込んでいると、批判してしまいます。

誰かに対して批判するこということは、

自分の中にあるから反応するのです。

 

ハートを開ききっていない人は、

外面がよく、家に帰ると閉じる傾向にあります。

その結果、家族に批判が向いてしまうことが多いのです。

 

自分を表さないと、

自分のことも他人のことも密かにディスカウントしてしまい、

ケチ、苦々しさとなってあらわれてきます。

文句は恩恵も遠ざけてしまうのです。

 

愛は開いたハートを通して表現されますから、

今あるものに感謝してみましょう。

 

LINEで送る
Pocket


メルマガ登録・解除

「恋人とケンカばかり」「パートナーとうまく行ってない」なぜ出会った頃のときめきに満ちた関係が長続きしないのでしょうか?そこには深層心理に隠された理由があるのです。心理カウンセラーがあなたの男女関係・人間関係に目からウロコの気づきをもたらします。

 
スリーカードリーディング無料体験
ビジョンダイナミックス研究所