体験講座・ミニセミナー カードリーディング講座 ヒーリングセミナー
幸せな人間関係のための心理学|ビジョン心理学ジャパン > お悩み相談室 > Q.自分では十分にしたつもりなのに、部下は不満を言い、悩んでいます。(50代男性)

Q.自分では十分にしたつもりなのに、部下は不満を言い、悩んでいます。(50代男性)

Answer:栗原英彰(ビジョン心理学マスタートレーナー)

 

相手が文句を言っているように思えますが、

「報われていない、満足していない」というのが、

ひそかなあなたの文句です。

 

文句は心のサインですから、

自分は力不足だと、

深いところで思っています。

 

もし報われていないと思うなら、

あなたはギフト(天性の才能)を与えていません。

文句の部分は、才能があるからこそ気づくのです。

 

責められている側、つまりあなたのほうが、

本当はパワーを持っていて、

価値があると思われています。

 

攻撃する人は助けを求めているのです。

責めてくる相手に対して、

価値やパワーを与えてあげましょう。

 

どんなに愛されても自分で自分の価値を認めていないと、

文句は止まりません。

また、自分が与えられるものを与えていなくても、

文句が出てきます。

 

相手の文句はギフトのヒントです。

あなたがギフトを与えることによって、

相互的な信頼関係が築かれていきます。

 

 

 

LINEで送る
Pocket


メルマガ登録・解除

「恋人とケンカばかり」「パートナーとうまく行ってない」なぜ出会った頃のときめきに満ちた関係が長続きしないのでしょうか?そこには深層心理に隠された理由があるのです。心理カウンセラーがあなたの男女関係・人間関係に目からウロコの気づきをもたらします。

 
スリーカードリーディング無料体験
ビジョンダイナミックス研究所