ヒーリングセミナー 体験講座・ミニセミナー カードリーディング講座
幸せな人間関係のための心理学|ビジョン心理学ジャパン > ビジョン心理学ナイトライト・ニュースレター2015年12月号

ビジョン心理学ナイトライト・ニュースレター2015年12月号

LINEで送る
Pocket

チャック・スペザーノ
大空夢湧子 訳

 12月のタオ(万物の存在と変化の原理)は、問題点の急増をもたらします。ハワイには「波は決してなくならないから、サーフィンを習った方がよい。」という言い方がありますが、それを「問題は決して無くならないから、癒しかたを学んだ方がよい」と言い換えることができるでしょう。

私たちは無意識層、いいかえればソウルマインドの扉を開けたのです。この事は、私たちが今何を経験しているか、そして何を癒すためにやってきたのかについて教えてくれます。つまりは慢性的なブロックや、圧倒されるように感じられるような深い感情を、表面に引き上げて癒そうとしているのです。癒しの最前線にいる人たちにとっては、海が荒れそうですが、それとともに古い、埋もれた恨みを癒すチャンスがやって来ます。あなたが問題を抱えているということは、どこかに恨みを埋め込んでいるので、そこに赦しが必要なのです。

 12月には、目的意識を持って集中しつづけることが重要です。シャーマンにとっての試練のように、不注意から前に進む大きな機会を失うことになりかねません。

 あなたの人生でたとえ何が起きていようと、関係者と状況と自分自身への赦しがあるなら、問題は長続きできません。今月は、奥の深い問題点、太古の昔の高い意識からの転落、先祖代々伝わる罠、子供時代や人間関係の未完了な問題点などがすべて表面に上がってくるかもしれません。あなたが一歩一歩癒しの方に意識を向けて進むなら、道に迷うことはないでしょう。もしあなたが頑固に、エゴにしたがって変容やスピリチュアルな方に背を向けると、すぐに道に迷ってしまうでしょう。

 私たちのエゴは自己攻撃の達人です。あらゆることを自分自身と他者を攻撃するために使います。自己攻撃の結果として、ことに身近な人を攻撃するのです。エゴの土台そのものが、攻撃と自己攻撃なのです。攻撃はあらゆる苦しみの結果であり、それこそ自分から引き離さねばならないものです。

 あなたが困った時には、助けを求めてください。それがマスタリーの一番目のレッスンであり、助けを求めるために天国は存在しているのです。自己成長の最も高いレベルに達すると、徹底的にスピリットに頼るようになります。その意識のなかで、私たちは何をするにも天国の助けと共に行うのです。私たちがとても小さかった頃、愛情深い、思いやりのある両親がいたら、安全で、大切にされ面倒を見てもらっているのを感じるでしょう。その愛されて大切にされている気持ちが10倍にも20倍にもふくらんだ状態を想像すると、それが霊的な依存の状態です。私たちがこの段階に到達すると、小さな子供のようになります。イエス・キリストも、「神の王国に入るためには幼な子のようになりなさい。」と説かれました。私たちは依存、自立、相互依存の段階を経て成長していきますが、最終的には、恩恵の中で、恩恵を通して生きる霊的依存の段階に行くのです。「奇跡講座」にあるように、「私たちの弱さは天国の強さであり、私たちの強さは天国の弱さです。」
 私たちに痛みがあるのは、暗いレッスンを学んだことを示しています。暗いレッスンを学んだところは、エゴを強めるような自滅的な信念体系を設定してしまうのです。辛い状況は、天国が私たちに学ばせるレッスンなのです。自分を責め、他人を責めるのではなく、そこでレッスンを学ぶことにコミットしましょう。それぞれのレッスンを幸せに学べる時まで、自分自身と他者を赦しましょう。

 いつも文句ばかり言っているのは、誰かに自分のニーズを満たしてほしいと期待しているのであり、その人たちに自分の人生の責任を預けているのです。私たちのもっているどんな問題も、文句なのです。両親に十分に面倒を見てもらえなかったという気持ちは、私たちの世代には良くある事ですが、その両親たち自身も無視されたと感じていました。実は、自分の中に「はぐくむ」というギフトがあり、私たちはそのギフトを両親やパートナーにもたらすためにいるのであり、それによってその関係が新しいレベルに引き上げられるのです。そのことに気づいていないと、両親に十分に面倒を見てもらえなかったという気持ちをもつのです。

 「奇跡講座」(ア・コース・イン・ミラクルズ)から、私のお気に入りの3つのレッスンをご紹介しましょう。
      「私は神の内に休らう。」
      「私がどこへ行こうとも、神が私とともに行く。」
      「私は未来を神の手にゆだねる」

 助けはつねに周りにあって、あらゆることの面倒をみてくれることを、これらが私に思い出させてくれ、私はワード・オブ・パワー(力づけの言葉)として使っています。つまり、私はあらゆる問題に向かって、これらの言葉を宣言して、幻想を一枚ずつ剥がし、真理に向かってさらに一歩近づくのです。

 最近では、テロリズムについてあまりにも多くの事が起きています。テロリズムを癒すためには、面と向かって対決するのではなく、自分自身の内面で行い、自分の内面のテロリストの部分を扱わなければなりません。テロリストは、我々の最も奥の深層意識を反映していることを思い出すことが重要です。テロリストとは、シャドーである自己概念です。彼らは、自己嫌悪が存在しているところを表しているのです。あなたの中に、何人のテロリストのシャドーがいるのかを質問をしてみてください。どんな数字が出てきたとしても、それらをあなたのハイアーマインドの中に溶かしてしまいます。私たちの意識の中には、自分とは反対の方向に働いている側面があります。それらは「破壊工作員(サボタージ員)」や「破滅に導く人(undoer)」などのシャドーなのです。それらは私たちの人生を惨めなものにできるのです。意識の深奥部分には、「反逆者」のシャドーがあります。それは、私たちにすべてを与えている天国との、私たちの権威の葛藤なのです。それらは、意識の中でも自分自身に反対する方向に働いている部分なのです。それらの領域に光を当てると、自分からバスの下に身を投げているのが明白になります。何度も、何度も身を投げ出して、バスの下にいくつもの体があって、前に進めないという人も中にはいるのです。

 恐れについて語っているすべての人に対して、次のように答えましょう。
      「私は赦す。だから、これは消えていく」
心配事や、不安や、あらゆるかたちの苦しみに、ひたすら同じ言葉をくり返しましょう。

 もしあなたの心が安らかでなかったら、愉快に過ごすことはできません。暮れは1年で最も忙しい時期のひとつで、喜びを感じないようにしてしまいがちです。実は、喜びはいつでも提供されていますが、特に今の時期はそうなのです。朝晩、時間をとって、神の腕の中で安らいでいる自分自身を想像してください。あらゆることを、あなたに代わって神に対処してもらいましょう。夜は、眠りに入るときに、神の腕の中に抱かれていると想像しましょう。そして、眠りに入るときにも、目覚めるときも、あなたのマインドを神に渡してください。あなたがより傷のないもとのままの自分になるにつれて、あなたはより聖なる存在になり、それが周囲の人たちを祝福するでしょう。天国はあなたのすべての問題への解決策をもっています。もしあなたが時間をとって耳を傾け、そして聞きながら神の中で休らぐならば。もっとも些細なことが、細大の変化を生み出すことができるのです。

 12月は再生の月。ですからあなたの人生の新しいより良い1章につれて行ってもらえるように、心からお願いしてください。あなた自身からはじめて、あらゆることを赦しましょう。あなたもあらゆることもすべてが、平和と無罪性とパワーで輝くところまで赦しましょう。

 12月には、あなたが受けるに値するすべての愛に祝福されますように。神の心の中であなたへの愛は無限であり、たとえエゴがあなたに対してどのような問題をもたらしたとしても、神があなたについて間違っていることはあり得ません。

 あなたが、人生の新しい、より良い1章に祝福されますように。
あなたのすべての人間関係が、愛でひとつになり、新しい絆とともにたやすく成功と親密さが新しい年にもたらされますように。

ナイトライト・ニュースレター
2015年12月
ミュンヘンからロサンゼルスへ向かう機内で

LINEで送る
Pocket


メルマガ登録・解除

「恋人とケンカばかり」「パートナーとうまく行ってない」なぜ出会った頃のときめきに満ちた関係が長続きしないのでしょうか?そこには深層心理に隠された理由があるのです。心理カウンセラーがあなたの男女関係・人間関係に目からウロコの気づきをもたらします。

 
スリーカードリーディング無料体験
ビジョンダイナミックス研究所