ヒーリングセミナー 体験講座・ミニセミナー カードリーディング講座
幸せな人間関係のための心理学|ビジョン心理学ジャパン > ビジョン心理学ナイトライト・ニューズレター 2005年1月号

ビジョン心理学ナイトライト・ニューズレター 2005年1月号

LINEで送る
Pocket

ビジョン心理学ナイトライト・ニューズレター 2005年1月号

翻訳:アドバンストレーナー 大空 夢湧子


 

1月              チャック・スペザーノ

毎年一月は将来の目標について考える大切な月ですが、今年は特に重要です。まずは、自分の人生で達成したい目標について考えてみることです。次に、「自分は何のために生きているのか」という人生の目的について考えます。あなたは、自分が考えている人生の目標と目的をどのくらい達成できているでしょうか? あなたの目標や目的を達成するための、次なる一歩とは何だと思いますか? その答えをじっくりと考えてみることが肝心です。 なぜならば、1月には一年間の心のパターンを設定することができるからです。今月は2005年の目標と目的を設定しましょう。
自分にとって12月がどんな月だったのかについて、振り返ってみるといいでしょう。
先月はいい月だったという人は、心の中の怖れがさまざまな症状や問題として現れたときに、ほとんどの怖れをうまく切り抜けることができたのです。怖れにあまりうまく対処できなかったという人は、12月のニュースレターで説明した新しい足がかり(上陸地点)をみつけるのが怖かったのかもしれません。次の新しい第一章は、あなたにとっての大切な始まりです。もしあなたが一歩前に進まないなら、無理やり押し出されることになるかもしれません。12月に説明したカルマのエネルギーの「波」は、1月にはさらに大きくなるかもしれません。怖れは必ず膨らんでいくでしょう。なんとしてでも、怖れに直面せざるをえないのです。逃げたり、戦ったりしても、問題がどんどん大きくなっていくだけです。
12月中に、無意識のレベルのエネルギーが大きくほとばしるようなことが4回ありました。それによって大変大きな感情が噴出す結果になりましたが、溢れ出るエネルギーを否定してしまうと、かえって大きな悲劇を招いてしまいます。天の助けを受け入れましょう。天からのあなたへの愛で解決できない問題はありません。天の恩恵の助けを求めてください。奇跡(ミラクル)をお願いしてください。幸せな誕生が訪れようとしています。その場に踏みとどまろうと踏ん張るあまり、人生の力で無理に前に押し出されるようなことにならないようにしてください。無理に押されるのは、かなり不快な思いがすることでしょう。人生の新しい次の一章を、できる限り簡単に、楽に始めることを心に決め続けてください。

1月は、主に種まきの月です。過去数ヶ月考えつづけてきた新しい冒険的な事業や企画を始めるのに最適な月です。土を耕し、種を蒔き、水をやりましょう。
今月の目覚しいところは、時間的にも意識面でもスピードがどんどん速くなっている点です。2005年1月中に、種を蒔き、芽が出て伸び、さらには慢性的な問題に対処して、プロジェクトの成功の土台を築くことすらできるでしょう。ひと月で4ヶ月分の経験をするような結果も十分起こりうるのです。
あらゆることのスピードが加速しています。思考が実現するまでの時間が短くなっています。ですから、今こそ、愛や豊かさや真実を実現するのにぴったりの時期なのです。そうすれば、あとあと問題になりそうな真実以外のものの芽を摘んでしまうことができます。

1月は、あなたが経験しているかもしれない鬱々した気持ち(気分の落ち込み)に気づく月です。気がついてはじめて、変えることができるからです。人生には、気分が落ち込んで鬱々とする時期もあるものです。自分がその状態から抜け出してはじめて、今まで自分はうつ状態だったと気づくときもあります。それ以外の場合はもちろん、まったく元気がなくなって、自分がうつ状態だとわかるのです。
自分自身に質問してみましょう。100%のうち、自分は何%くらい元気でやる気に満ちているでしょうか? 喜びが感じられない分だけ、うつ状態であるということです。あなたが、文字通り元気がなく、何のひらめきも感じられず、覇気がない状態だということです。これは、明らかに真実の状態ではありません。本来あなたはスピリット(霊魂)であり、大いなる聖霊の一部なのです。自分本来の姿を見失うことはあっても、失うことはありえません。これを思い出すことが1月の最重要項目であり、2005年の大成功の鍵でもあります。あなたはスピリットであるということを思い出してください。あなたの本質は愛であるということを思い出してください。あなたの本質は光であるということを、思い出してください。あなたがそれを思い出すたびに、人生を鬱々とさせている肩の重荷がひとつずつ軽くなっていきます。

あなたはスピリットです。 あなたは光です。 あなたは愛です。 忘れていましたか?

自分は肉体であると考えていると、自分はやがて死に至る肉体にすぎないと感じられるでしょう。そうなると、年老いて元気がなくなるにつれて、だんだん気分が落ち込んでくるのも当然です。もし、自分がスピリット(霊魂)であると知っているならば、自分がここにいるのは、肉体という乗り物に乗って、学び、癒し、分かちあうためであるとわかるでしょう。あなたは光であることを、思い出してください。あなたはすべての光の一部であり、存在の源の一部なのです。

あなたは愛なのです。あなたは、大いなる愛の影響を受けているのです。あなたに影響をもたらす愛以外のものは、何らかの理由でそれから影響を受けることをあなたが選択しているのにすぎません。
自分がスピリットであると知ったならば、それがわかった分だけ喜びを感じるでしょう。そして、喜びが感じられるのならば、それ以上何の問題があるでしょうか。 その時点で、すべての問題は、究極の喜びにいたる途中で喜びを経験しながら、片づけるべき事柄のひとつにすぎなくなります。
あなたはスピリットです。その真実を土台にして眺めると、すべてのことの真相が正しく見えてきます。

愛をこめて、
チャックより

※大空夢湧子さんのサイトはこちら

 

LINEで送る
Pocket


メルマガ登録・解除

「恋人とケンカばかり」「パートナーとうまく行ってない」なぜ出会った頃のときめきに満ちた関係が長続きしないのでしょうか?そこには深層心理に隠された理由があるのです。心理カウンセラーがあなたの男女関係・人間関係に目からウロコの気づきをもたらします。

 
スリーカードリーディング無料体験
ビジョンダイナミックス研究所