体験講座・ミニセミナー カードリーディング講座 ヒーリングセミナー
幸せな人間関係のための心理学|ビジョン心理学ジャパン > ビジョン心理学ナイトライト・ニューズレター 2010年4月号

ビジョン心理学ナイトライト・ニューズレター 2010年4月号

LINEで送る
Pocket

ビジョン心理学ナイトライト・ニューズレター 2010年4月号

      翻訳:ビジョン心理学トレーナー 大空 夢湧子


 

4月はおおむね平穏で楽な月です。それは頑張った後の解放であり、長いレースを完走した後で、ひと息いれるような感じです。世界中であらゆる変化が進行している中で、今月は物事がほぼ正常に見えるので、ちょっとリラックスして自分の身の回りの暮らしを楽しむことができます。

4月の上旬には、ブレークスルー、最高潮、過渡期、長い仕事の後の最終的な結果があります。達成と楽しさと友情の喜びがあるでしょう。そして、それは今月中ずっと続くでしょう。ただ、4月が深まるにつれて、あまりにも平穏で流れに乗っているので、エゴの方がさらに抵抗を強めていくでしょう。4月は楽なのでリラックスすることができますが、もしコミット(確約)していて勇気があるならば、平和は手の届くところにあり、ビジョンのレベルへと自分を開いて「ビジョナリーとしての人生のストーリー」を生きることができるのです。

ところが、4月がそんなに楽にはならない、という人々の集団もあります。太古のカルマの鋼鉄の刃が、こびりついて離れないエゴを打ち払うために使われるのです。そういう事態は、私たちの魂の「成長を加速させて本来の『人生の目的』の道に戻りたい」という「たっての願い」によって起きているのです。   
魂のレベルでそちらの道を選択した人たちにとって、4月はあまり美しくはない光景になるでしょう。鋼鉄の刃でエゴとその防衛を断ち切ろうとしているのですから。執着が無くなって、エゴは慌てふためくでしょう。ただし、私たちが今月を癒しのために使うならば、精神的・霊的には成長し繁栄するでしょう。すべてを手放している最中にも幸福感があり、そこで迎えることができる「誕生」に自分を差し出して飛び込めば、そこにはルネッサンス(復活・復興)があるでしょう。   
このグループに属する人たちにとっての4月は、ほとんどの人々が経験する楽な感じとは対照的です。

こういう事態が起きている背景には、政治や経済、世の中全般で反動的なエネルギーが勢ぞろいして進歩に反対しているという状況があります。この状態は2年前から続いています。ゆっくりと進歩の方が勝ってきてはいます。ゆっくりと、二つのエネルギーが統合されており、それによってあらゆる人に比べ物のない繁栄とブレークスルーがもたらされるでしょう。もちろん、そのこと自体にも問題はあり、物質主義を持続させることになって、モノが何かを与えてくれるように見えるという夢の中に私たちがずっと閉じ込められることになりかねません。でも、現在のような不況の後で、新しいレベルの繁栄は歓迎すべき救いのように思えます。    

私たちの第一歩は自分のマインドを癒して、近づきつつある地球のチャレンジを乗り越えていくこと。それに合格したならば、次は自らの成功によって作られた問題に直面しなければなりません。もし気づきがあるならば、自分自身の内面の成功への切望が、だんだん成功するにつれて自然によりスピリチュアルなものになり、より大きな愛や幸せに引きつけられるようになるのがわかるでしょう。さもなければ、自分の心の中の穴を埋めようとして、消費主義の飽食のさらなる深みにはまってしまうでしょう。   

4月第1週のエネルギーがもたらすのは、回復、復活、歓喜。 第2週は目標設定をもたらし、私たちはより高いゴールを設定するでしょう。この時期は、ビジョンと新しい誕生の時になり得ます。

第3週は、私たちの執着、しがみついているものを浮上させてくれます。この週にそれを手放すことができるなら自分自身を解放する素晴らしい週になるでしょうし、それができなければ将来の痛みの原因を作ってしまうでしょう。

第4週は、コントロールを失う怖れを表しています。私たちがコントロールするのをやめなければ、近づきつつあるチャレンジに適切な態度で臨むことはできないだろうし、試合で優位に立って大きく勝利することはできないでしょう。これからの数カ月は楽に勝利することができる時期なのにもかかわらず。

今月は超越すること(問題を越えていくこと)が可能ですが、5月になると超越することは必要不可欠になり、さもないと大きな苦しみになるでしょう。今から始めてください。ご自分自身と周囲の人たちを助けるために、あなたの心の中のワークをし始めてください。地球を救うために。そして5月を祝福された美しい月にしましょう。   

7月まで毎日あなたにできることがひとつあります。それは、あなたの世界を「自分を映す鏡」として見ることです。 誰が問題なのでしょうか? 誰が停滞していますか? 誰がひどい行為をしていますか? 何かがネガティブであると認識するということは、あなたがそのことで自分自身をも非難し責めているということ。彼らを赦してください。さもなければ、あなたは結果的に自分を罰することになるでしょう。彼らに対して与えると決めること、するとあなたも相手もどちらも前に進むでしょう。

みなさまに愛と祝福を。
今月のあなたに幸運と超越がありますように。
チャック・スペザーノ ハワイ、タートル・ベイにて  2010年4月

 

※大空夢湧子さんのサイトはこちら

 

LINEで送る
Pocket


メルマガ登録・解除

「恋人とケンカばかり」「パートナーとうまく行ってない」なぜ出会った頃のときめきに満ちた関係が長続きしないのでしょうか?そこには深層心理に隠された理由があるのです。心理カウンセラーがあなたの男女関係・人間関係に目からウロコの気づきをもたらします。

 
スリーカードリーディング無料体験
ビジョンダイナミックス研究所