体験講座・ミニセミナー カードリーディング講座 ヒーリングセミナー
幸せな人間関係のための心理学|ビジョン心理学ジャパン > セミナーレポート > 2009年8月 第6回ビジョン心理学インターナショナルトレーニング報告

2009年8月 第6回ビジョン心理学インターナショナルトレーニング報告

LINEで送る
Pocket

「自分の中に対立を持っていながら平和を願うのは、ある程度までしかうまくいかない。世界を変える必要はない。世界は私たちの中にある。変わる必要があるのは私たち。私たちが覚醒していく事で平和に貢献していく」というマスタートレーナーの栗原英彰&弘美の言葉で始まった今年のビジョン心理学インターナショナルトレーニング。

2人のリードのもと、日本、台湾、シンガーポール、バングラディシュ、カナダ先住民族の受講生総勢145 名が参加して、盛大に行われました。

セミナー初日は台湾の地震災害による航空機欠航のため、通訳を含めた台湾人16人が全員空港に寝泊まりし、1日遅れてセミナー会場に到着。無事に着いた姿を見た時は、会場全体に安堵感が広がりました。

フォーカス・パーソン1でエゴとの契約を取り扱う事を皮切りに、フォーカス・パーソン24まで取り扱い、最新のビジョン心理学メソッド「覚醒のプロセス」を行なうとともに、心の中で愛を感じられていない部分に焦点を当て、丁寧に癒していきました。

バングラディシュで飢餓をなくす活動をされているミトンさんは2年ぶりに来日、感謝と共に、昨年、政府(バングラディシュ)が2021年に飢餓をなくすことをマニフェストに入れた事を話し、より責任を感じると新たなる思いを伝えて下さいました。

カナダ先住民族のバブスさんはタマラさんと共に、争いをなくすことの大切さを伝えて下さり、「平和を作るために私たち自身を癒す事」という言葉が改めて身にしみるセミナーとなりました。。

参加された皆様、ありがとうございました。

LINEで送る
Pocket


メルマガ登録・解除

「恋人とケンカばかり」「パートナーとうまく行ってない」なぜ出会った頃のときめきに満ちた関係が長続きしないのでしょうか?そこには深層心理に隠された理由があるのです。心理カウンセラーがあなたの男女関係・人間関係に目からウロコの気づきをもたらします。

 
スリーカードリーディング無料体験
ビジョンダイナミックス研究所