カードリーディング講座
幸せな人間関係のための心理学|ビジョン心理学ジャパン > お悩み相談室 > Q. 子どもが急に学校に行かなくなってしまい、困っています。(40代・女性)

Q. 子どもが急に学校に行かなくなってしまい、困っています。(40代・女性)

Answer : 栗原弘美(マスタートレーナー)

 

子どもたちも新しい環境に慣れ、さまざまな変化が表れる時です。

学校に行かなくなったり、行けなくなったり、

問題行動を起こしたりします。

 

当の本人も苦しんでいますが、親や先生など、

その子どもに関わる人たちも同様に苦しみ、悩みます。

 

中には親からの暴力によって学校に行けない、

学校になじめず親に隠れて不登校になっているなど、

ほっておくと、人生からドロップアウトしてしまうような、

心配なケースも少なくありません。

 

自分の子どもであれ、他人の子どもであれ、

どうぞあなたが出来うる最大限のおせっかいをしてください。

 

たった1人でいいから、全力で支えてあげれば、人は変わります。

人は1人じゃないと思えることが大事なのです。

 

自分の子どもであるならば、あなたの人生で子どもを最優先にして、

たくさん話をさせてあげてください。

あなたが男性であっても、母親の気持ちで接するなら、

自然にしたり、言ってあげることが出てきます。

 

子どもたちの成長に応じて、色々なことが起きてきますが、

それを食い止めることはできません。

ただ、ものごとが起きてきた時にどれだけ関わったかが、

後々になってその関係性に影響してくるのです。

LINEで送る
Pocket


メルマガ登録・解除

「恋人とケンカばかり」「パートナーとうまく行ってない」なぜ出会った頃のときめきに満ちた関係が長続きしないのでしょうか?そこには深層心理に隠された理由があるのです。心理カウンセラーがあなたの男女関係・人間関係に目からウロコの気づきをもたらします。

 
スリーカードリーディング無料体験
ビジョンダイナミックス研究所
Psychology of Vision
Chuck and Lency Spezzano